踊って唄って

5月20日(日)晴れ

 

本日もウォーミングアップをしっかりしてから授業開始!

すこしずつ発声が大きくなってきております。

継続は力なり。


 

 

前回の続きのダンスから。

よさこい経験者のはっぱちゃんをダンスリーダーに据えて

ダンスをグレードアップさせる段階にきております。

が、一週間経つと忘れてしまいますね...

思い出しながら細かな振り付けを確認していきました。

 

そしてその後は来年3月の卒業公演に向けての歌の練習!


 

 

演目はまだ発表しませんが、

かなり楽しい公演になりそうです。

 

中間発表の準備も着々と進んでおります。

 

【告知】

劇団東京乾電池 水曜ナイトフィーバー

6月公演「イリーニャの兄弟」に下北ブルージーンのみんなも参加する模様!

是非見に来てください〜

踊ってからの会議

5月13日(日)晴れのち雨

 

本日は踊り中心の授業でございます。

そしてこの踊りは中間発表の時に披露されます。

下北ブルージーン始まったばかりと思いきや、

もう9月の中間発表を見据えた準備が着々と進んでおります。


ダンスは和枝さんを筆頭にみんなで考えて構成しております。





 

 

 

 

 

ダンスの後には中間発表会議。

みんなから、演じてみたい役や作品を募集!

やはり色んなものを観ているし、知っているし、

スタッフとして参加している私も

もっと知識を蓄えねば...と痛感する会議でもありました。

 

あーーー、中間発表が楽しみ。




本日は母の日。こなつさんが和枝さんにカーネーションをくれました。粋なオトコだ。

電信柱ごっこ

5月6日(日)晴れ

本日の授業写真



和枝さんのお芝居入門名物『電信柱ごっこ』。東京乾電池の年季の入った電信柱が稽古場に立つ舞台。そこに1人づつ出て行き、電信柱を触って一言。

アイデア勝負なわけでは無く、出てくる人の電信柱との対峙になんともワクワク、そしてウットリする場面もあったりして、とても面白い授業となりました。

踊る大人たち

4月29日(日)はれ

本日の授業写真



諸々ネタバレありつつ、なんとも勇猛なダンサーたち。動ける範囲で腕を上げ、足を上げとても勇ましくカッコ良いです。



後半はグループ即興後半戦



シチュエーションを考えて、その場で膨らませていくことに難儀しながらも、和枝さんの言葉の1つ1つに納得している様子のブルージーンの皆んな。
見ている皆んなも自分だったらと考えを巡らせて、とっても豊かな稽古でした。

次回は電信柱ごっこ。

初めての即興

4月22日(日)晴れ

お腹から声を出しましょう!

ということで「アンコ椿は恋の花」をひとりずつ前に出て歌唱しました。

私たちは歌手じゃない、俳優なんだ。

どこで勝負するかというと、歌唱力ではなくどれだけ声を出せるか、

それもただ出すのではなく、遠く去りゆく船をどれだけ想像できるか。

それぞれの身体と声で歌う「アンコ椿〜」。


昨年からの受講生が去年に比べて声が格段に出ていて、

感激してしまいました。

初の方もそうでない方も、

人前に出てそれぞれに戦う様子に痺れてしまいました。

その次はチームになって、初の即興。

テーマも設定も何もかも全部みんなで決めます。


大人の方の経験値から引っ張り出してきた即興は

本当に面白い。

それについての和枝さんのアドバイスも的確かつグッときて...



来週は即興の続き。

序盤から濃いお教室が始まっております。

私たちの劇団名は...

4月15日(日)嵐のち晴れ

 

本日は劇団名会議を行いました。

宿題でみんなそれぞれ考えてきてもらい、

投票して決定。

8個くらい考えてきたメンバーもいたりして、

アイデアもりもり。

 

そして私たちの劇団名は

『下北ブルージーン』に決定したのでしたー。

履けば履くほどに味が出るという意味だったかしら(?)

そこの重要なときにくしゃみが出て、確認するのを忘れてしまいました。

間違っていたらすみません。

 

そして『下北ブルージーン』は動きまくり、

声を出しまくり本日の授業はなかなかにハードでした。

 




 

 

必死になったその先に見えるセクシーな顔を見逃すな!と。

ゆるく、かつ必死に私たちの1年が動き始めました。

 

第3期スタート!!

4月8日(日)

いよいよ『和枝さんのお芝居入門』第3期開始。

初めましての方、お久しぶりの方、様々な顔ぶれが集いました。

"どきどき”することに自ら挑んでいくことってなんて素晴らしいのだろう。

と若輩者の私は先輩方に魅せられてしまいました。

 

今期はどんなクラスになるのでしょう。

とってもとっても楽しみです。

 

今日はガイダンスと自己紹介。

この自己紹介、自分の呼ばれる「あだ名」を自ら考え、発表。

大人があだ名で呼び合うってやぱり面白いです。

 




 

授業が終わってみんなで乾杯!!
これから1年よろしくお願いします。

来週は劇団名が決まりまーす。

 

ピーターパン上映会!!

4月1日のこと。

赤ヘリ解散しましたが、赤ヘリメンバーからの呼びかけで、

卒業公演の「さらっていってよピーターパン」の上映会がありました。

スタッフは毎回見ていたので気がつきませんでしたが、

赤へリメンバーはダブルキャストで毎回出演しており、

観客として観ていなかったのですね!!

途中休憩を入れて2チーム分、みんなで観劇。

 




 

 

 

東京乾電池座長の柄本明さんも一緒に観劇し、

 

「面白い!生で観たかった!!」

とのお言葉を頂きました。

 

久しぶりにみんなの顔を見ることが出来、

愉しい新年度の始まりとなりました。

赤ヘリ解散!!!

和枝さんのお芝居教室第2期
卒業公演『さらっていってよピーターパン』@東演パラータ、全6公演無事千秋楽を迎えました。そしてレッドヘリング解散!!!!

寂しい...寂しすぎる...
早くも赤ヘリロスです。

本番は本当に素晴らしく、お教室の生徒なんて域をはるかに超えて、本当に愉快な舞台が立ち上がりました。

稽古の途中はこりゃプロンプのオンパレード??なんて心配しましたが、皆んなセリフを一生懸命入れてくれて、歌もバッチリ。赤ヘリらしい、別役実さんのミュージカルとなりました。

和枝さんの脳内から溢れ出た演出・アイデアとそれを具現化していったスタッフ、そして個々の課題とひた向きに向き合い、良い舞台にしようと頑張った赤ヘリメンバー。舞台上では『ワンフォーオール、オールフォーワン』の精神で、誰1人欠けても出来上がらない舞台になったと心から思います。

皆んなお客さんを沢山呼んでくれて、大きな拍手に包まれ、そして終演後にハグしたり讃えられている皆んなを見て、そしてまた感動してしまいました。

本当に頑張ったみんな!!

和枝さんも打上げでは歓喜の涙を流していたし、『みんな平等の演劇空間』を共有できて本当に良かったと思います。

スタッフとして至らないことも多々あって反省もあり、教えられることばかりだった約1年間ですが、和枝さんに惹きつけられ、そこに集まって来た赤ヘリの皆んなに魅了された幸せな時間でした。みんな歳上だけどとってもキュートでした。

お芝居って本当に豊かだわっ。

本番だからこそ感じた楽しさや、悔しさ歯がゆさも垣間見えてそれもまたよし。
解散はとても寂しいけれど、このご縁はずっと大切にしたいです。

本当にお疲れ様でした。

怒涛の小屋入り、ゲネプロ

昨日は役者さんの小屋入り、そして本日は公開ゲネプロ。

怒涛の日々です。

そして皆さんの頑張りに拍手喝采。
観に来てくれた東京乾電池の劇団員のみんなも面白かったと言ってくれて、なんとも嬉しくて、本当にありがたいです。

赤ヘリの皆さん、本当に頑張っている。別役実さんの世界観と和枝さんの世界観に調和した独特の『さらっていってよピーターパン』が立ち上がっております。

そしてそんな赤ヘリのみんなをサポートしてくれる沢山の劇団員のみんなにも感謝です。
明日はいよいよA班の本番。
どうなるんだろう。
役者のみんなが楽しんで臨めたら本望です。