電信柱ごっこ

中間発表会の疲れも取れた頃合いの今回の授業はエチュード。

名付けて『電信柱ごっこ』!

赤ヘリ初期にも行いましたが、

このエチュードは舞台に一本の電信柱。

そこに左右の出はけ口から役者が出てきて、お芝居をするという。

決まりごととしては必ず電信柱に触るということのみ。

1人、2人、3人に別れて行いました。

 

シンキングタイムを設けて、早速始めますが、やはり皆さんエチュードに悪戦苦闘している様子。

セリフでの説明が多くなってしまったり、八方塞がりになった時に話が進まなかったり。

和枝さんの一言一言に皆さん納得して話を聞いていました。

 

うっかり写真を取り忘れてしまいましたが、

使用した電信柱は東京乾電池で愛用している木製のもの。

ポルノ映画のポスターが貼ってあったり、

いい具合に金具が付いていたり、それだけで風情を感じます。

美術によって舞台がロマンチックに広がるなぁと改めて。

 

そして授業終わりには卒業公演の台本が配られました。

中間発表会が終わったばかりなのに!!

まだタイトル等詳細は秘密ですが、どんな舞台になるかいまから楽しみです。

スポンサーサイト

コメント