中間発表 閉幕!そして...

下北ブルージーンの中間発表、無事に閉幕いたしました。

本番は9月9日(日)の1日限り。

準備期間は数ヶ月。

お芝居って本当に不思議です。

 

本番は終わりましたが、稽古中に和枝さんが言いました。

「全て過程です」

役は身体に宿り続けて、そして考え続けて、

暮らしの中のふとした瞬間に、

今回演じた役が自分に重なる瞬間があったりする。

 

それぞれの身幅でそれぞれの役に挑戦している姿をスタッフとしてみていて、

それぞれにぐっとくるところがあり、

どんな言葉を贈ればいいか悩んだり、

はっとさせられたり、

悔しい思いをしたり、

泣けるほど感動したり、笑ったり。

今回の公演も深く実りのあるお芝居を経験することが出来ました。

和枝さんも無事に終えてほっとしております。

 

お芝居はひとりでやるものではない!

そのことを改めて実感することができました。

 

和枝さんの脳内パズルが、

音楽や照明、転換の雰囲気も含め、

お芝居で繋がっていって、

「3人姉妹」の台詞が聞こえてきました。

とっても面白かったです。

 

本当に素晴らしい公演だったと思います。

 

もう立派な劇団だなという感じ。

みんなとっても素敵です。

身体を休めて、これから3月公演に向けて舵を切っていきましょう!!

 

本当にお疲れ様でした。

これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメント